血糖値上昇抑えるのは紫色のアントシアニン!

ブルーベリー アントシアニン
ファイトケミカル

前記事で「ナス」を紹介しましたが、
ナスの紫色の皮にも含まれる「アントシアニン」についてです。

血糖値改善食材

先日TVをみていたら、「血糖値上昇を抑える」という魅惑的な内容が(笑)
もちろんチェックです…♪

🔗名医とつながる!たけしの家庭の医学「血糖値改善食材&認知症新リスクSP」 icon-external-link 

ファイトケミカル「アントシアニン」

ファイトケミカルの代表といえば「ポリフェノール(フラボノイド系)」!
ポリフェノールには、ブドウなどに含まれる「アントシアニン」や、お茶などに含まれる「カテキン」などで、抗酸化作用が有名です。

アントシアニンは、紫色の食材をイメージするとよいのですが、
ブルーベリー・ナス・紫キャベツ・ブドウなどに含まれます。

血糖値上昇を抑えるのは

その「アントシアニン」が血糖値上昇を抑えるのに、効果的なんだそう!

抗酸化作用などのあるファイトケミカルは、インスリン抵抗を改善したり、糖尿病の予防・改善に効果があると、色々な研修が進んでいます。

🔗野菜や果物のフラボノイドが2型糖尿病の予防・改善に有効 icon-external-link-square 

🔗糖尿病リスクを低下 「抗酸化物質」が豊富な野菜や果物が効果的 icon-external-link 

アントシアニン活用レシピ

ブルーベリー

アントシアニン豊富!簡単レシピ

アントシアニン豊富!簡単レシピ

アントシアニンを含む食材の中でも、含有量が豊富なのが「ブルーベリー」

我が家では、以前より小腹がすいたときのおやつやデザート(主に食前)として、
ブルーベリーヨーグルトが定番!

TVをみて思わずガッツポーズです(笑)

プレーンヨーグルトに、冷凍のブルーベリーを混ぜるだけの簡単レシピ。
冷凍ブルーベリーは、コンビニやスーパーでも簡単に手に入り、冷凍なので、保存も楽!
ブルーベリーは解凍したりせずに、ヨーグルトに混ぜたらそのまま頂きます。

ヨーグルトに混ぜて少しおくと、半解凍になったり、
ブルーベリーの周りのヨーグルトが少しシャリっと凍ったり、
ブルーベリーエキスがヨーグルトに馴染んで紫色になったりします。

お好みでどうぞ…♪

ナス

先日ご紹介のナスのレシピはこちらからどうぞ。

我が家の食事スタイル

糖尿病夫のいる我が家では、緩やかな糖質オフを基準に、
ファイトケミカルやローフード、ホールフード、ナチュラルハイジーン、良質な油等々、
各種理念を勉強した中から感銘した所を部分的に取り入れています。
~提唱者がらすれば「部分的じゃ意味ないよ」て感じだと思いますが…スミマセン!~

我が家の場合は、果物もしっかり、野菜はたっぷり頂きます。
但し、果物は、原則食前です。

果物の定義って、突き詰めると難しいのですが、
そこは、あまり気にせずにやっています(笑)

それぞれの効果を考えると、相反することもあるのですが、
それも、あまり考えすぎずにやっています。

ブルーベリーのデザートも、「果物」主体で考えると「食前」が基本なのですが、
ヨーグルトは自体の効果を考えると「食後」のほうがよかったりします。

大食いの糖尿病夫なので、食後ものたりなかったり、少したってから「なんか食べたい!」と言い出すことも多く(笑)、そんな時は、こういうものを出すことが多いです。

我が家なりの継続できるスタイルを今も模索中です。

ファイトケミカルなどについては、こちらの記事もどうぞ。

。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。 
最後までご覧頂きありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければクリックご協力お願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

らん

38,813 views

糖尿病の夫をもつ妻です。 血糖値コントロールや糖尿病についての 情報についてシェアできればうれしいです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA