血糖値を下げる梅干しパワーとは?~花粉症にも効果的~

お気に入りのカメ
糖尿病

こんにちは!らんです。
すっかりご無沙汰してしまいました。
糖尿夫も私も、かわりなく元気に過ごしております。

ブログから離れると、それが日常になってしまうもの。
糖尿病対策も、ブログも、いかに習慣化することが大切かを実感しております☺

今年も花粉症の季節がやって参りました。
かなりの重症のらんとしては、なんとかしてこの季節を乗り切りたいっ

 

糖尿病に梅干しが効果的?!

梅干し自体、昔から殺菌・解毒・疲労回復・老化予防など、様々な効果が言われていますね!
梅干しには、血糖値を下げる効果があると言われています。

血糖値を下げる効果
梅干しを食べるとインスリンの働きが高まり、血糖値を下げ、ひいては糖尿病や高脂血症の予防効果につながります。つまり梅を食べるとアディポネクチンが増加してインスリンが働きやすくなるというわけです。
引用:UME-USA icon-external-link-square 

オレアノール酸
オレアノール酸は有機酸の1つです。オレアノール酸はα – グルコシターゼ 1) の活性を抑えることか
ら、糖質の消化吸収を穏やかにし、食後の急激な血糖値上昇を抑える効果があることについて、「α –
グルコシダーゼ阻害剤」としてみなべ町が特許を取得しています。(特許第 4403457 号)
引用:和歌山県産 食材機能性ガイド|和歌山県 icon-external-link 

花粉症対策に梅干しが効く?!

先日TVを見ていたら、
花粉症に梅干しが効くことが最新研究で分かったきたとのこと!

📺最新研究で分かった! 今やるべき花粉症対策2019 |世界一受けたい授業~日テレ~ icon-external-link 

「花粉症の効く食品は〇〇」というのは、毎年毎年新たな食品を耳にするのですが、今回の「梅干し」は私のアンテナにひっかかりました。

問題は、私は梅干しがあまり好きではないこと。。。
しょっぱすぎず、すっぱすぎない、カリカリ梅なら好きなのですが。。

梅干し仕込み

味噌や梅酒、白菜漬物などは、良く作るのですが、
梅干しは、私自身があまり好きではないこともあり、今まで作ったことはありませんでした。

でも、花粉症に効くと聞き、今年は、仕込んでみようかな…♪
自分で仕込めば、愛情湧くかも(笑)
といっても今年の花粉シーズンには当然間に合わないわけですが
これから仕込みシーズンもやってくるので、糖尿病対策も含めチャレンジしてみようと思います!

愛用している甕(カメ)

実は結構、キッチンツールマニア?!でして…(笑)
カメは、現在4つ所有しています。

味噌作りでは、大豆ベースで作ったり、黒豆ベースで作ってみたり、
糀も、麦・白米・玄米の糀など、毎年バリエーションを2~3種作りたい為です。

中でもカメの定番と思っていたのが「久松」の常滑焼の甕。
残念ながら廃業してしまったようですね
現在のカメを大切に使っていきたいと思います。

筆者の愛用品はこちらです☆

久松 常滑焼の甕(カメ)

久松 常滑焼の甕(カメ)

一番最初に購入したのが、茶色の壺といった雰囲気のカメ(写真右下)。
勝手にベーシックかな~と思い(笑)
形も、切立(寸胴)タイプより、こちらのほうが好きです。

次は、茶色の切立タイプのカメ(写真左)
味噌やお漬物等は、形としては切立のほうがよいみたいですね!

白い半胴丸壺かめは、明るいお色で素敵です…♪(写真右上)
元来、白いほうが中身がよく確認できてよいのだとか!

半胴丸壺かめタイプは、一般的に梅干し作りに使用されるようですが、
白地にマークが、色合いといい、より一層梅干し感が増しますね!

お気に入りの甕

お気に入りのカメ

お気に入りのカメ

こちらは、一目ぼれして我が家へお迎えした甕です。
久松ではありませんが、一番のお気に入り♡

私の場合、お気に入りのキッチンツールがあると、やる気も俄然アップします(笑)

白菜漬けなど、切立のほうが向いていますが、
やはり、気に入ってものをヘビロテしてしまいます(笑)

今年は、このお気に入りカメと、久松の白いカメで、
通常の梅干しと、カリカリ梅と2種チャレンジしたいな…♪

※花粉症については、こちらの記事もどうぞ icon-arrow-circle-down

。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。 
最後までご覧頂きありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければクリックご協力お願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

らん

38,818 views

糖尿病の夫をもつ妻です。 血糖値コントロールや糖尿病についての 情報についてシェアできればうれしいです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA