【タイガー炊飯器】糖質44%オフ、カロリー50%オフ〔とらひめ〕ライザップ提携

RIZAP ライザップ
糖質オフ

2016年に入院した糖尿夫ですが、
入院直後は、意識もかなり高め(笑)

いままで、自分から糖尿病について勉強するといったことが、
なかった糖尿夫くんですが、ライザップの運動と食事の本を
退院後、自分で購入してきました 
うんうん、いい感じです…♪

ライザッブと提携〔とらひめ〕糖質オフ炊飯器

タイガー魔法瓶から、2018年3月23日に販売される、
低糖質ごはんが炊ける炊飯器「とらひめ調理器(JPE-A10Z)」

なんと、
「糖質44%オフ、カロリー50%オフ」
白いごはん大好き!な糖尿夫くんにぴったり商品です(笑)

ライザッブと提携して、販売していくようですね!

33%糖質カットの炊飯器のことも記事にしましたが、
これから、どんどんこういったものが増えてくれると嬉しいな…♪

「とらひめ」と「とらひめ調理器」

こちらの炊飯器は、どんなしくみなのかな~?と思ったら、
普通のお米から糖質をカットするのではなく、

『〔とらひめ〕という低糖質の米粒状加工食品を、専用の調理器で炊く』

といったもののようです。

とらひめとは?

「とらひめ」はタピオカ・手作りのこんにゃくなどを、着色料を使わずに加工した米粒状加工食品です。
白米お茶碗一杯分(130g)と比較して、糖質 約47%オフ・カロリー 約50%オフ、
そして食物繊維が約8倍と豊富。
食感がよく、お米を食べているように噛みごたえもあり、
お腹にたまるため、我慢をせずに無理なく低糖質メニューをお楽しみいただけます。

出典:タイガー魔法瓶 🔗とらひめスペシャルコンテンツ

なるほど~ icon-lightbulb-o

糖質44%オフに飛びつきましたが、
あくまで「とらひめ(疑似米)」を購入しないといけないのですね!

とらひめ調理器とは?

それでもって「とらひめ調理器」でしか、調理できない。。。といったことみたいです。

とらひめ調理器は、普通の炊飯器としての機能も持っていて、
白米や玄米、麦めしができたり、煮込み料理ができる「調理メニュー」や、
スポンジが焼ける「ケーキメニュー」など搭載している模様。

ライザップと提携

CMでおなじみのライザップですが、食事指導は糖質オフをしているようで、
購入した本も糖質オフメニューが掲載されていました。

ライザッブと提携して、下記のようなサービスを展開する予定のようです。

・米粒状加工食品 「とらひめ」の定期配送サービス
・RIZAP 管理栄養士による「とらひめ」と「とらひめ調理器」を使った食事のプランニングサービス
・RIZAP COOK 監修 「とらひめ」と「とらひめ調理器」特製レシピの提供
・「とらひめ調理器」を使った様々な低糖質食材の配送サービス(2018 年度中 開始予定)
・RIZAP 食事管理アプリ等との連携

【RIZAP】 icon-external-link  ですが、
ダイエットの他にも料理教室や英語、ゴルフなど、幅広く手掛けているようですね~。
勢いがあります。

私の感想

我が家の場合は、
糖尿夫くんが「白米だいすき」なので、
うまく付き合っていかなければいけないな、と考えていたところ。

もしも糖質オフ炊飯器を購入するとしたら、
とらひめに限定されてしまう「とらひめ調理器」よりも、
普通のお米から糖質カットできる
サンコーの「糖質33%カット炊飯器」のほうに軍配が上がります。

こちらに限らず、糖質オフの食品や、炊飯器など、
他のメーカーからもどんどん色々なものが開発されるといいな…♪

。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。 
最後までご覧頂きありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければクリックご協力お願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

 

らん

38,812 views

糖尿病の夫をもつ妻です。 血糖値コントロールや糖尿病についての 情報についてシェアできればうれしいです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA