糖尿病は妻の責任?!

夫婦で協力
糖尿病

「糖尿病 妻の責任」というキーワードにて、
このブログへの訪問が、以外にも多いことに気づきました!

「ブログ村やブログランキング経由以外で、訪問される方っていらっしゃるのかしら?!」と、先日ふと確認してみたのです。

そういうテーマで記事を書いたことがなかったので、ちょっとビックリ!!

どうやら、ブログのタイトルに含まれる「妻」や「糖尿病」というキーワードと、ブログ記事内に出てきた「責任」という部分にヒットしたようです。

でも、私なりに感じることもあるテーマですので、折角ですので少し思うことを記事にしていきたと思います。

 

 

「糖尿病」と「妻の責任」について

食事について、夫婦間でも「自己責任」が基本であるべきと考えています。

とはいえ、食事を作るのは「妻がメイン」というご家庭がほとんど!
我が家に至っては、「妻だけ」が食事を作っています。

その辺りは、ご家庭ごとのスタイルがあるでしょうし、色々な考え方があると思います。

私の本来の考え方は、

らん
お互いに協力しあいながら、時間のあるほうが作ればいいよね

といった感じ。しかし、夫は

糖尿夫
食事は妻が作るものだよね

といった考え(育った環境もあり?!)です。

これは、話し合いしたところで、平行線となるほど根強いものです。

そこで我が家の場合は、私が食事作りなどの家事以外の仕事の分量を減らすというところで、調整をとっています。といっても、そうはいかない場合も多く、家事以外の仕事が忙しい時は、食事を外食・中食にすることでバランスを保とうとする訳ですが、そうすると血糖が上がったり。。。

糖尿病記でもご紹介していますが、夫の糖尿病が発覚して以来、たくさんの本を読んだり、食事を工夫したりしました。もちろん、「糖尿病を改善したい」という気持ちからですが、振り返れば、その中にはやはり「糖尿病を改善していくのは〔妻の責任〕」という気持ちが根底にあったのだと思います。

最初は、一気に駆け抜けるのですが、糖尿病用の食生活も、日常となると、「仕事が忙しくて食事を作る時間がなかなか取れない妻→外食・中食になりがち→夫の数値の悪化」の悪循環に陥ります。

夫が一人でご飯をしても、きちんとした知識と意識を持っていれば、悪化することは基本的にないはず!

ご飯を作っていても、隠れて?食べたいものを食べることはいくらでもできますし、また例えば私が入院等により食事が作れないということも今後あるかも知れません。

そもそも、朝・お弁当・夕食の三食、健康・美味しさに工夫された食事を用意されているって、なんてうらやましい環境なんでしょう!←自分褒めすぎ?!(笑)
そんな環境だったら私もダイエット成功するかも?!←ちょっと穿ち過ぎですが(笑)

もちろん、夫に対し日々感謝しています♡

それでも少しずつ意識改革もされてきている夫ですが、妻としては「もっともっと意識改革しなきゃ」と、やっぱり「妻の責任」を感じているのかもしれません。「責任」と「愛」って区別が難しいのかも。

それは個人の性格によるところも大きいかもしれませんが、
おおらかに、食事も生活も感情もトータルで「プラスマイナスゼロ」に近づけばいいんじゃないのかなと思いながら、日々奮闘中です。

これからも、たまにはこちらで毒を吐きつつ?!頑張ります…♪

。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。 
最後までご覧頂きありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければクリックご協力お願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

 

 

らん

38,812 views

糖尿病の夫をもつ妻です。 血糖値コントロールや糖尿病についての 情報についてシェアできればうれしいです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA