喉が渇くのは危険サイン?!

糖尿病と喉の渇き
糖尿病

「糖尿病だと、喉が渇く」といいますが、
我が家の夫もそうでした。

水のがぶ飲み

夫の糖尿病が発覚する頃、
ものすごく水を飲むなあ~と感じていました。

食事前もコップ一杯がぶ飲みし、そしてすぐもう一杯。

休日など、一緒にいるときは、
「え、さっき飲んだのに、また飲むの」といった感じです。

当時は、「体質かな?」
楽観視していましたが、それは糖尿病の為だったようです。

糖尿病と喉の渇き

高血糖状態が続くと、ブドウ糖を排出しようと身体が働きます。水分が尿として排泄されるために、
体内の水分が足りなくなり、のどの渇きを強く感じるようになるとのこと。

その為、喉がかわくということです。

また、「喉が渇く→水分をたくさんとる→トイレの回数が増える(多尿)」というループになります。

尿の泡立ち

そして、その頃は、尿から糖の排出もあるため、尿が泡立ちやすくなります。

には尿の粘度を上げ、粘り気を強くする働きがある為です。

これは私にはチェックできませんが、
それでも、流した後に「残り泡?」のようなものがある時もあり(違うかもしれませんが)、
「ん?!」と感じたのを覚えています。

 

 

糖尿発覚後

夫の糖尿病が発覚後、血糖値やHbA1cがおちついてくると、
それに伴って、喉の渇きもおさまりました。

身体のサインに敏感にならなくちゃいけないなー、と思ったものです。

 

入院直前にも

実は、糖尿生活5年目にして入院となる直前もこの症状が出ていました。

いつもよりも水分を取る頻度・量がぐ~んと増えたので、
「これはもしかして血糖上がって糖尿病が悪化してる」と思っていたら、ビンゴです。

 

さいごに

糖尿病で改善すべき事はわかっているものの、
なかなか継続が難しい我が家ですが、

身体からのサインにも敏感に、頑張っていきたいです…♪

 

。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。 
最後までご覧頂きありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければクリックご協力お願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

 

 

 

らん

38,914 views

糖尿病の夫をもつ妻です。 血糖値コントロールや糖尿病についての 情報についてシェアできればうれしいです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA