命と向き合う

命と向き合う
日常、想うこと

最近、更新が滞りがちでしたが、
実は、祖母の具合が悪くなったことが分かりました。

そういう時って、なかなか筆がすすまないものなんですね。

住まいは少し離れているので、お正月とお盆と、年二回の帰省。
みんな集まって食事をして、というのが恒例です。

今年のお正月は、「あれっ、痩せたかな?」と思ったものの、
顔色もよく、変わらず祖母節全開のパワーもありましたので、
まだまだそんな日が続くと思い、疑いもしませんでした。

それが、この一カ月で食べれなくなり、10キロ近くも痩せてしまったのです。
検査したところ、手遅れの末期の胃がんでした。
高齢ですので、そもそも手術をする体力もないのだとは思いますが、
もう、治療としてできることはないようです。

祖母自身も、治療は望んでおらず、
「入院も手術も抗がん剤もしない、家で最後を迎えたい」
とのこと。

私の年齢で、祖母が健在って、恵まれていることだと思います。

高齢であり、基本的に順番に看取ることは当然だという常識はあるものの、
それが、いざ自分の大切な人となると、なかなかそうは思えない。

それでも、やっぱり向き合っていかなくちゃいけないんだな、
順番に看取ったり、こういう祖母の姿を通して、命について深く考えていくんだと思います。

幸いわずかではありますが、まだ時間は残されており、心の準備期間と思っています。
出来る限りのことをしてあげたいな。

。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。。O。・.。*。.。 
最後までご覧頂きありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければクリックご協力お願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

らん

38,914 views

糖尿病の夫をもつ妻です。 血糖値コントロールや糖尿病についての 情報についてシェアできればうれしいです。

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA